タグ別アーカイブ: 腰痛

季節の変わり目 お体は大丈夫ですか??

秋雨前線が活発で雨が多いです!

秋雨前線が活発になっているということは暦の上でも天候も秋になっています。

夏から秋へそして秋から冬へと季節が変わっていきます。

季節の変わり目には何が起こっていますか?

1、気温の変化が大きくなります。

夏の名残りで30度近くなるときもあれば20度を下回る時もあります。

暑いときは体が弱ります。

そして気温が下がった時、体が冷えてしまいます!

体が冷えると筋肉が固くなります。

筋肉が固くなるとケガをしやすくなります!

 

2、秋雨前線が活発になり雨が多くなります。

今年の秋は特に顕著ですが雨が多いです!

9月に入って本当に雨ばっかりですよね。

雨が降ると体を動かす機会が減っていきます。

外で運動しなくなり室内にこもりがちになります。

体を動かさなくなると体の巡りが弱くなります。

体の巡りが弱くなると老廃物が溜まってしまい筋肉が固くなります

結果、ケガをしやすくなってしまいます!

 

3、季節の変わり目に注意することは?

季節の変わり目は気温の変化に体がついていけず、明け方や天気の悪い日に体が冷えます。

運動量も少なくなって老廃物が溜まり固まった筋肉が冷やされるとただでさえ固くなっていた筋肉がさらに固くなり、骨格も崩れてしまいバランスを失い関節の可動域も狭くなります。

そうなってしまうともうケガしか起こりません。

ぎっくり腰・背筋痛・寝違い・関節炎・頭痛・神経痛・めまい、、、、etc

もうすべての可能性が上がってしまいます!

何とかして体の巡りを死守しなければなりません!!!

 

4、結論

季節の変わり目に是非取り入れていただきたい事。

それは体を温めることです!

冷やさないことと言ってもいいかもしれません!

温めるのは外からだけではありません。

運動や体操やストレッチなどで巡りを起こして体の内側から温めることが一番効果的です!

入浴やレッグウォーマーや腹巻などで温めることも大切です!

腰が痛いって言ってる方に限っていまだにTシャツ短パンで寝てたりします。

体が冷えると巡りが悪くなり固さを閉じ込めてしまいます!

ぎっくり腰の方もチラホラ見えるようになってきました!

ぎっくり腰になる方が一番多いのは初冬です。

疲れと冷えが合わさった時に一番の危険はやってきます。

体を動かして内側から、入浴やレッグウォーマーなどで外側からも体を温めて季節の変わり目を乗り切りましょう!!!

中部ミッドアマ予選に行ってきました!

25歳以上のアマチュアゴルファーのNO.1を決める大会!

中部ミッドアマ予選が知多カントリークラブで開催されました。

今回の中部予選 ⇒ 中部決勝 ⇒ 全日本 となっていきます。

昨年は全日本『日本ミッドアマ』まで進みましたが1打足らずで予選落ちしたので、

今年は日本ミッドアマまで何とか進み決勝まで行きたい!

と思ってはいます!

予選の結果は無難に4位通過!

スコアも-2の70ですのでまずまずスタートが切れました!

次は中部決勝で富士カントリークラブ志野コースです!

おそらく10名ほどしか日本ミッドには行けないので厳しい戦いになります。

しっかり練習してストレッチして準備していきたいと思います!

http://www.cga.jp/infomente/wp-content/uploads/2018/08/midama-aichi-seiseki1.pdf

 

 

腰痛の原因は腰ではない??【名古屋市名東区の腰痛専門整体プロージット】

腰痛に悩まされている方は多いと思います!

そして多くの方は整形外科などの病院に行くと思います。

腰痛で病院にかかると多くの場合MRIやCTなどの画像診断を受けることになると思います。

しかし、その結果は7~8割原因不明!!!

簡単なリハビリとシップでの対応になります!

なぜ整形外科で腰痛の原因を解明できないのか、そして本当の原因は何なのか説明していきます!

1.病院ではMRIやCTなどの画像しか見ないから原因不明に

先ほども書きました病院での検査は主に画像診断になります。

画像にて骨と軟骨の状態を見て明らかな異常が無い場合はもう手段がありません。

結果、リハビリしましょう!となりホットパックで温めたり、電気に当たったり、軽いマッサージを受けますがそもそも原因がわかっていないので改善は見込めません。

2.筋肉が足りないからと思ってしまう

最近、メディア等でも筋肉をつければ健康になれる!と医師がよく言っています!

本当に筋肉をつけると腰痛は改善されますか?

もしも、筋肉が足りないから腰痛が起こっているとするならばスポーツ選手に腰痛持ちはいないことになってしまいます!

実際はどうでしょう?

スポーツ選手こそ腰痛との戦いです!

今時腹筋が足りないから腰痛になるとか言ってるトレーナーについてる方は即やめましょう!

3.では腰痛の本当の原因は?

重度のヘルニアや狭窄症によって痛みが出てる場合もありますが割合的には本当に少ないです。

腰痛の本当の原因は筋肉の固さやアンバランスにあります!

特に足やお尻の筋肉が腰に与える影響は絶大です!

具体的に筋肉で言うと、

1.殿筋群

2.ハムストリング

3.内転筋

4.腸腰筋

この4つの筋肉が固くなっていることが主な原因です!

上にあげた4つの筋肉はどれも骨盤と深い関係にあります!

4つの筋肉のどれかに異常が出ると骨盤は乱れます!

骨盤が乱れると腰の筋肉は引っ張られてしまいますし、骨盤の上に立つ背骨は当然真っ直ぐ立てないため、今度は本当にヘルニアや狭窄症などの背骨の異常を引き起こしてしまいます!

4.腰痛対策は?

ご自分でできる腰痛対策はまずストレッチです!

上の4つの筋肉を意識していただき柔軟性をアップしてください!

あとウォーキングも効果的です!

入浴や運動も大切です!

間違っても筋トレで解消しようとは思わないでください!

固くなるのは筋肉なので筋肉が増えればメンテナンスがもっと必要になります!

筋肉の量ではなく柔軟性が大切なんです!!

ゴルフと腰痛について

ゴルフをやる方にとっての最大の敵!

腰痛!!

19163_01

腰痛が起こると練習もできなくなるしラウンドも控え気味になります!

ゴルフと腰痛の関係について考えていきたいと思います!

  • なぜ腰痛になるんだろう?

そもそもゴルファーに腰痛持ちは多いです。

なぜなんでしょう??

1つは同じ動作を繰り返すことです!

特に練習場に行った場合などは特にウォーミングアップもしないで200球とか打ってしまいます。

右利きの方だと左方向にガンガン体重を乗っけていきます!

TIGERWOODS

左の股関節がその力を全部受け止めます!

それを200球とか300球打ち続けてしまうとやはり体のバランスは崩れます!

yugami1

ラウンド中の腰痛も足が疲れてくると腰も固くなってしまいます。

可動域の少なくなった体はやはり痛めやすくなってしまいます!

  • 腰痛の対策について

まずはストレッチですね!

モモの裏(ハムストリング)・モモの内側(内転筋)・お尻の筋肉(殿筋群&梨状筋)

これが重要になってきます!

http://prosit.jp/gd-sutoretti.html

以前週刊ゴルフダイジェストさんにストレッチを載せていただいた時のものが参考になるはずです!

練習やラウンド前も大事ですが後もすごく大切です!

あとは練習後やラウンド中の左素振りも有効です!

1_1

松山選手もウォーミングアップの時など左で実際に打ってるそうです!

片山選手に至っては左打ちでも80ぐらいで回ってくるみたいです!

素振りの時はウェッジ2本かバットでももっていただきカタチは関係ないので右足1本で最後しっかり立つことが大切です!

100球打ったら最低でも10回!

右足1本で立つ!

これが大切です!

ストレッチと左素振りで腰痛を少しでも軽減することができるはずです。

本当に深刻な腰痛は僕の出番です!

早めの対策をおススメします!

一度ご来院ください!

IMG_4100 (2)IMG_4188